幹事長:吉田 しょうじろう

1989年 東京都板橋区に生まれる

              神奈川県川崎市多摩区へ転居

1998年 川崎市立久地小学校卒業

2004年 川崎市立稲田中学校卒業

2007年(18歳)神奈川県立生田高等学校 普通科 自然科学コース 卒業

2011年(22歳)東京工芸大学 工学部 卒業 学士号取得

2015年(26歳)埼玉大学大学院 理工学研究科 物理機能系専攻 卒業 修士号取得

2015年(26歳)就職のため福井県坂井市へ転居 サラリーマンに 2019年までに計4回転居も全て坂井市内

2017年(28歳)福井県若狭町出身の妻を内縁とするが扶養者控除ができなかったため結婚

2020年(31歳)「福井県をよくする会 」幹事長に就任

 

1989年、東京都板橋区生まれ。生後2ヶ月で神奈川県川崎市に引っ越す。中学2年生の時、担任の「小児科医が不足している」との発言を受け、小児科医を目指すべく理数系の進学校に進学するも、ペーパーテストの点数が評価において重要視される高校の授業が性に合わず、落ちぶれる。大学ならレポート形式の課題が評価されるだろうと踏むも、ペーパーテストが苦手のため指定校推薦を受けて進学する。大学2年生の時、17~22時勤務、休憩15分のバイトで夕食が遅くなり就寝時間が後ろ倒しにされ、生活リズムが崩れて医者の世話になる。大学4年間で成績が良ければ国立の大学院を紹介してもらえるだろうと読んでいたところ、予想通り紹介され、埼玉大学大学院へ進学する。

所属した研究室は学生と先生の仲が悪く、自分を含めたM1の3人は板挟みに遭い、ストレスで不眠症と自律神経失調症になり、再度医者の世話になり、睡眠薬を飲み始める。M2の前期までに同期が一人、また一人と辞めていき、ストレスと睡眠薬の影響で自分も辞めたくなったが、休学して一旦逃げることで態勢を整えることにした。

 

休学してしばらくの間、引き篭もってゲームや映画を見て過ごす。引き篭もり中、動画投稿サイト「ニコニコ動画」で自転車日本一周動画にハマり、死ぬ前に自分も旅に出たいと思いはじめる。食品工場フルタイム勤務と治験で旅の資金40万ほどを稼ぎ、自転車と装備を整え東北へ自転車旅をする。何度か死の危機が訪れてくれたが、結局は生還してしまう。しかし大学に戻る気力は無く、再度治験で21日間病院に籠り40万貰う。その後も何度か旅をした後、復学する。復学後は別の研究室に出向し、無事卒業するも修論執筆中に体調を崩した。卒業式は出たくなかったため、バックレて資金ゼロでまた旅をした。

卒業後、ハローワークで研究職を探していたら福井県の企業から声がかかり2つ返事で福井へ来る。

 

2015年5月より福井県坂井市の住民となる。

2016年6月より男の友人が欲しくなったが、インターネットコミュニティが見つからず、しかたなく某婚活アプリを始める。

2016年7月、後の妻となる女性と出会う。数ヶ月で付き合うことになったため、1~2年分のアプリ課金が無駄になった。

     また、行きつけのメガネ屋の店員が友人になった。福井県に来て初めての友人である。

2017年3月より同棲を始める。